アメリカを食べ歩く夫婦

アメリカ永住組、HGVCオーナー、エンゲル係数が異常に高い子なし夫婦のひたすら食べる旅行の記録

スペイン バルセロナ観光 サグラダファミリア生誕のファザード その1

バルセロナ最終日!

 

この日の予定は

1.サグラダファミリア(予約済み)

2.グエル公園リベンジ!(予約済み)

 

の、はずだったのですが

朝一で夫「タカシオチアイのどら焼き食べる」

 

なんのこっちゃ思ったら、昨晩Youtubeでスペインにどら焼き広めた和菓子職人タカシオチアイさんの特番を見たらしい。

その店がバルセロナにあるから行くと言い出したのです。

 

サグラダファミリアは入場制限のある塔へのエレベーターが予約制。

少しでも時間に遅れると入場出来ないことがあります。

グエル公園も同じ。時間に遅れてはいけない。

 

私「予約時間あるよ」

夫「大丈夫!間に合う」

 

夫の大丈夫は99%の確率で外れます。

案の定、場所が分からないと言い出し1時間半彷徨う。

 

▼2人で手分けして探しやっと見つけた~

f:id:selfnote18:20190119122645p:plain

▼同じ並びに2店舗ありましたが、1つは閉まっていました

f:id:selfnote18:20190119122913p:plain

歩き回ってクタクタ・・・

ちょっと休憩と思ったらサグラダファミリアに行く時間!

やっぱり間に合わなかった。

 

夫「夕方に再度チャレンジしようか」

二度手間や~ん。

 

 

最寄駅からカタルーニャ広場へ。

 

バルセロナ・ツーリストバスのチケットは2日分買ってあったのでバスでサグラダファミリアに向かいました。

カタルーニャ広場はツーリストバスの赤い線も青い線も両方走っています。

 

サグラダファミリア

f:id:selfnote18:20190119125125p:plain

冬はシーズンオフで人が少ないと聞いていましたが、そんなことはない気がします。

露店も人も多かった。

 

サグラダファミリアは完成までに300年以上を要すると言われているスペイン随一の絶景スポットであり2005年にはユネスコ世界遺産にも登録されています。

 

▼着工からおよそ150年以上経過しており、白いところは比較的に新しく黒ずんでいるところは古いみたいです

f:id:selfnote18:20190119131123p:plain

▼生誕のファザード入り口

f:id:selfnote18:20190119125655p:plain

f:id:selfnote18:20190119133818p:plain

▼時間より15分早めに列に並んで丁度いい時間に中へ!

f:id:selfnote18:20190119125743p:plain

f:id:selfnote18:20190119131512p:plain

f:id:selfnote18:20190119131444p:plain

f:id:selfnote18:20190119131651p:plain

まだ未完成と言われていますが、もう十分すぎるくらい大きくて荘厳な雰囲気。

建設費用は観光客の入場料や匿名の寄付金で成り立っているそうです。

 

▼次はエレベーターで上へ

f:id:selfnote18:20190119132212p:plain

 サグラダファミリアの入場券+エレベーター入場券の2つを購入しなければ塔に上ることは出来ません。

エレベーター入場券は2種類「生誕の門」と「受難の門」があります。

私たちはウェブ予約でpopularと書いてあった「生誕の門」を購入しました。

 

「生誕の門」も「受難の門」も行きは必ずエレベーター帰りは必ず階段。

階段をおりられない人は、エレベーターの予約が出来ないそうです。

 

スペイン バルセロナ観光 サグラダファミリア生誕のファザード その2へ続きます。

バルセロナで手軽にパエリア! El Corte Ingles (エル・コルテ・イングレス)

FCバルセロナ カンプノウ スタジアムを見学した後は、El Corte Ingles (エル・コルテ・イングレス)というデパートのフードコートで夕飯。

El Corte Inglesはカタルーニャ広場に位置し、ツアーバス乗り場の目の前!

何という便利な立地。

 

デパート最上階にあるセルフサービスのフードコートは調理された食べ物がショーケースに並んでいるので指さしで注文出来ます。

様々な食べ物があり、好きなものを好きなだけお皿に乗せ、レジでお会計するシステム。

 

▼私たちはシーフードのパエリア と

f:id:selfnote18:20190115121523p:plain

イカフライを食べました

f:id:selfnote18:20190115121943p:plain

パエリア はピザ釜を使い専門店のように本格的な調理方法、イカフライは注文してから目の前で揚げてくれます。

値段も手ごろで美味しかった!

 

1人でワインを飲んでいる人、友達とコーヒーを飲んでおしゃべりしている人、ベーカーリーだけ食べている人などなど。

フードコートと言うよりは賑やかな喫茶店みたいな感じで1人でも行けそうな雰囲気でした。

デパート地下には高級スーパーがあり、オシャレなチョコレートやお菓子がたくさん。

自分や家族用のお土産探しにオススメです。

 

食後はツアーバスで最寄りの地下鉄まで移動しホテル近くのディアゴナル マル ショッピングモールへ。

 

▼クレープ食べました

f:id:selfnote18:20190115124527p:plain

▼このモール、小さなドライバーがたくさんいます

みんな運転上手だな~と思っていたら後ろでコントロールする大人の影

リモコンで操作してました、なるほど

f:id:selfnote18:20190115124844p:plain

▼運転がちょっと荒いスクーターはリモコンなし

f:id:selfnote18:20190115125025p:plain

ディアゴナル マル ショッピングモール1階と2階には大型スーパーのAlcampoがあります。

食料品から日用品まで品揃えが豊富で滞在中は何度かお世話になりました。

市内でペットボトルの水を1本買うと1.5ユーロ(約150円)ですが、Alcampoだと同じ水が0.6ユーロ(約60円)

市内から離れた場所にあり地元民が集うモールで様々なものが市内より安く感じました。

ばらまき用のお土産を買うのにオススメです。

FCバルセロナ カンプノウ スタジアム見学

グエル公園に入れなかった私たちは少しテンション低めでバスに乗ったのですが、後ろの席に座ってたオジサンがFCバルセロナのユニフォームを着て(恐らく)クラブソングを鼻歌~♬

とても楽しそうで、思わずホッコリ。

 

夫婦共にサッカーは詳しくないのですが、楽しそうな鼻歌オジサンにつられカンプノウスタジアムを見学しました!

f:id:selfnote18:20190115064302p:plain

▼入り口には露店、中にはお土産やさんもあります

f:id:selfnote18:20190115064350p:plain

▼スタジアムの外はチケットなしで見学出来ますがスタジアムはチケットが必要です

f:id:selfnote18:20190115064421p:plain

▼チケット買って中へ

f:id:selfnote18:20190115064937p:plain

▼芝の香りがするピッチを見学、10万人近くを収容するスタジアム

f:id:selfnote18:20190115065627p:plain

▼選手のベンチにも座れます、観客席のプラスチックの座席とは違いクッションがいい

f:id:selfnote18:20190115074242p:plain

▼プレスルーム、試合前後のインタビューはここで行われているそうです

f:id:selfnote18:20190115074434p:plain

▼見学できる更衣室はアウェイのチーム用

f:id:selfnote18:20190115074531p:plain

▼ジャグジー、シャワー、ロッカーとマッサージ用のベッドなどシンプルなつくりなのはアウェイ用だから?(笑)

f:id:selfnote18:20190115074601p:plain

f:id:selfnote18:20190115074648p:plain

▼各種メディアが実況中継するプレス席

f:id:selfnote18:20190115074841p:plain

▼192の記者席、2つのテレビ局ブース、28のラジオの放送席があります

f:id:selfnote18:20190115100902p:plain

▼試合中はこんな感じみたい

f:id:selfnote18:20190115101353p:plain

▼過去の名場面を見学出来るスペース

f:id:selfnote18:20190115104353p:plain

▼トロフィーやユニフォーム

f:id:selfnote18:20190115104423p:plain

▼2022年8月に完成する予定の新スタジアム模型

この新デザインを請け負う企業を決定する国際コンペティションで日本の日建設計が受注を勝ち取ったのだそうです

f:id:selfnote18:20190115104618p:plain

▼新スタジアムのテーマは「日本文化とカタルーニャ文化の融合」

f:id:selfnote18:20190115105130p:plain

▼夜は七色に輝くスタジアムに仕上がる予定

f:id:selfnote18:20190115105342p:plain

▼面白いお土産がありました、スタジアムの芝です

f:id:selfnote18:20190115113151p:plain

▼ガチャガチャボールに入った芝もありました、結構なお値段・・・

f:id:selfnote18:20190115113246p:plain

▼オフィシャルグッツコーナー

f:id:selfnote18:20190115113614p:plain

▼お土産は3フロア、すごく広い

f:id:selfnote18:20190115113715p:plain

▼外には子供たちのフットサルエリア、ちゃんと審判もいて本格的でした

f:id:selfnote18:20190115113857p:plain

なんとなく立ち寄ったFCバルセロナ カンプノウ スタジアム。

サッカー詳しくなくても楽しめました!

グエル公園に入れなかった話

12月28日はバルセロナの観光地巡り。

グエル公園に行く予定!

 

ホテルのフロントでバルセロナ・ツーリストバスのチケットを買いました。

 

バルセロナの主要スポットを巡る2階建てのツーリストバスはザックリ市内全体を観光するには便利!

好きな場所で乗り降り出来て集合時間もないのでマイペースな人にピッタリです。

私たちが滞在していたホテル近くを走る緑の線は、冬はお休みということで赤い線と青い線が交差するメインストリートまで地下鉄で行きました。

 

▼色別でルートが分かれています、全て一方通行

f:id:selfnote18:20190112092825j:plain

▼今回利用したバルセロナ・ツーリストバスはブルーとパープルのジオ柄

f:id:selfnote18:20190112093932p:plain

▼バスからみえた闘牛場をリフォームしてつくられたショッピングモール

f:id:selfnote18:20190112094800p:plain

サグラダファミリア前も通ります

f:id:selfnote18:20190112100040p:plain

グエル公園のバス停で下車すると坂道が・・・

f:id:selfnote18:20190112100650p:plain

▼坂道終わったと思ったら階段が・・・

f:id:selfnote18:20190112100947p:plain

▼やっと入り口!

f:id:selfnote18:20190112101739p:plain

グエル公園はツアーバスのバス停から入り口まで徒歩20分くらいで、途中にある急な坂道と階段がキツかったです。

入り口も複数あり、標識もなかったので迷いました。

 

こんなに頑張って歩いたのに夫「あ、チケット買ってない」

 

え、、、

オンラインで事前予約したと言っていたのに勘違いだった様子。

 

グエル公園には有料エリアと無料エリアがあり、主な観光スポットは有料エリアに集中しています。

せっかくスペインまで来たのです、有料エリアを見たい。

 

しかし、入り口でチケットを買ったら今日はもうないと言われました( ;∀;)

 

有料エリアは一度に入場できる人数が400人までと決まっているので予約時間の規制が厳しくチケットの数に限りがあるそうです。

やむなく明日のチケットを買ってバス停に戻りました。

 

明日もあの坂道と階段を上るのか~何という二度手間。

 

グエル公園、また明日ね

f:id:selfnote18:20190112105908p:plain

12月28日グエル公園の旅メモ(2018年現在)

  • 入り口まで連れて行くタクシーがオススメ
  • 当日チケットは入場出来ない可能性がある、事前予約を!
  • 冬でも激混み
  • 公園までの道のりが険しい
  • 公園内も広く砂利道の坂道、歩く覚悟で
  • 公園の無料エリアは露店だらけ

スペイン王室御用達のチョコレート専門店 カカオ・サンパカ(Cacao Sampaka)

ピンチョスを食べたあと、夫「近くにスペイン王室御用達のチョコレートがあるから食べに行こう」

 

よく食べるな~。(笑)

 

夫の「大体この辺」という感覚を頼りに、店探し。

しばら~く彷徨って、やっと発見!

 

▼入り口、チェーン店でマドリードにもあるそうです

f:id:selfnote18:20190108115032j:plain

Photo Credit: http://kamimura.com/?p=11151

 

▼室内は手前がショップで奥がカフェ

f:id:selfnote18:20190108115311p:plain

f:id:selfnote18:20190108115349p:plain

本当はチョコレートだけ買って帰ろうと思っていたのですが、彷徨い疲れたので休憩がてらカフェで食べることに。

 

カフェは混みあっていてテーブルは満席、カウンターが2席だけ空いていました。ラッキー!

 

スペインはヨーロッパで初めてチョコレートが伝わったところだそうです。

お店の名前であるサンパカは、かつて世界最高のカカオを栽培していたアフリカの古いカカオ農園の名前。


▼両隣の人たちがチュロスとチョコレートドリンクのセットを頼んでいたので同じものを注文

f:id:selfnote18:20190108121440p:plain

チョコレートドリンクはカカオの濃度を選べて、私たちは80%のアステカにしてみました。

 

▼チョコレートドリンクにチュロスをつけて食べるのが王道らしい

f:id:selfnote18:20190108121758p:plain

カカオ80%という事もあって仄かな苦味がいい感じのチョコレートドリンク。

とっても濃厚でしたが甘すぎないので飲みやすかったです。

 

チュロスは太い棒状のものが3ピースで食べ応えありました。

食後だったのにも関わらず、2人とも完食。

 

お会計は1人4.8ユーロ、2人で9.6ユーロ。(日本円で1200円くらい?)

 

食べたあとはグラシア通りをブラブラして地下鉄でホテルへ戻りました。

 

明日の12月28日は朝一でバルセロナの観光地巡りをする予定なので早めの就寝!