アメリカを食べ歩く夫婦

アメリカ永住組、HGVCオーナー、エンゲル係数が異常に高い子なし夫婦のひたすら食べる旅行の記録

スペイン旅行のまとめ

5日間のバルセロナ旅行で使ったお金(2人分)

※計算は全てUSドル

飛行機代  $1700 

ホテル代  ポイント使ってタダ

selfnote18.hatenablog.com

飲食代  $194.77

各種観光地の入場料 $265.41

アーバス/地下鉄 $115.03

レンタカー(1日)  $202.19

お土産代 $50

トータル $2527.40

 

節約出来たもの

飛行機はギリギリまで席が決まらないベーシックにして、さらにクリスマスの日に現地入りする方法で$600節約。ヒルトンダイヤモンドメンバーはホテルの朝食がタダなので1食×5日×2人分を節約。アメリカのヒルトンはそうでもないですが海外のヒルトンはバリエーションが豊富な美味しい朝食を用意してくれます。その他の食費もハワイとは比べ物にならないくらい安かったです。(笑)

思わぬ出費

 レンタカーが思ったより高かったです。各種観光地の入場料も高いな~と感じました。ネット予約の割引を上手く活用すると、もう少し節約出来たかもしれません。

気候・服装

12月25日~29日のバルセロナは、ほぼ毎日晴れていました。少し冷たい空気と日差しが気持ちよかったです。気温は10~15度でマイルドな冬。ほとんどの人がダウンコートを着ていました。長時間外にいると寒いのですが室内に行くと汗ばむ感じ。冬でも観光を楽しめるような気候です。

電車・地下鉄

とても便利!市内ならどこまで乗っても同じ料金でした。英語に対応した駅の自動券売機で切符を買うことが出来ます。2日以上地下鉄を利用するなら1回券よりも10回券のT10が割安です。スマホスリが流行っていると聞いていたので貴重品は全て首から下げダウンコートで隠していました。何も取られていません。ただ電車内に物乞いが多く夜はちょっと怖いと感じます。

その他

食べ物が安くて美味しい。市内はパン屋と偽ブランドの露店だらけ。どのベーカーリーもクロワッサン外れなし。海がきれい。また行きたいと思える場所。

スペインにどら焼き広めた和菓子職人タカシオチアイさんとTapa Tapa

グエル公園を満喫したあとは、再び迷子。(笑)

かなーり歩いて、彷徨って、やっと見つけた地下鉄でライン3に乗り、途中で1に乗り換えウルジェイ(Urgell)駅へ。

今朝行けなかった タカシオチアイさんの店に行ってきました。

 

朝しっかり迷子したので場所はバッチリ!ウルジェイ(Urgell)駅から徒歩10分のところに店はあります。

 

タカシオチアイさんの店は2店舗あって、どちらも大混雑!すごい人気・・・

 

角にある店より少し離れた店の方がイートイン出来るスペースが大きかったので、そちらに行きました。

 

▼注文はレジで行うシステムです

f:id:selfnote18:20190127163855p:plain

▼内装もオシャレ

f:id:selfnote18:20190127164757p:plain

▼ほうじ茶、どら焼き、大福を注文

f:id:selfnote18:20190127164859p:plain

▼大福にフォークとナイフなのはやっぱり外国だなと思います

f:id:selfnote18:20190127164945p:plain

▼抹茶どら焼きは1番人気のようでこれがラス1でした

フワフワで美味しかった!

f:id:selfnote18:20190127165047p:plain

▼大福も柔らかくて美味しい~、こちらもラス1

f:id:selfnote18:20190127165606p:plain

▼タカシオチアイさんのポスター

スペインでは キング オブ 抹茶と呼ばれているそうです

f:id:selfnote18:20190127161420p:plain

「どら焼き」「大福」「タルト」「ケーキ」「クロワッサン」「プリン」どの商品も抹茶味が一番人気でした。

抹茶は日本から仕入れ、それをスペイン人の口に合うようにアレンジしているそうです。

 

抹茶スイーツの後はグラシア通りのTapa Tapaへ。

 

Tapa Tapaも日本語メニューがあり、居酒屋のような感じで一品料理を好きなだけ頼めます。

 

▼サーモンのカルパッチョ、エビ、獅子唐

f:id:selfnote18:20190127171134p:plain

イカ墨のパエリア、マヨネーズのってました

f:id:selfnote18:20190127171412p:plain

▼カウンター席にはピンチョス

f:id:selfnote18:20190127172039p:plain

f:id:selfnote18:20190127172224p:plain

 スペイン最終日も、たくさん食べました~

スペイン バルセロナ観光 お菓子の家とトカゲが可愛い!グエル公園

サグラダファミリアを楽しんだ後は、近くのカフェで休憩。

バルセロナはオシャレなカフェやパン屋さんがたくさんありました。

 

 

▼どこのパン屋さんもクロワッサンがサクサクで美味しい

f:id:selfnote18:20190121133323p:plain

休憩後は、バスでグエル公園に移動。

 

グエル公園の入り口は遠いです(詳しくはグエル公園に入れなかった話を参考に)

f:id:selfnote18:20190121134329p:plain

▼今日はチケットがあるので有料エリアに入れます!時間ピッタリに入場

f:id:selfnote18:20190121134520p:plain

グエル公園も建築家ガウディの作品です。

1984年にユネスコ世界遺産に登録された総面積約15万平方メートルの公園。

実業家グエル氏が自然と芸術が融合した「英国風の田園都市」をガウディに依頼し建設しました。

有料エリアの公園内は自由に散策出来ます。

 

粉砕タイルで彩られ波打つベンチ

タイル工場から出た廃棄用のタイルや食器など廃棄品を再利用してつられたそうです

f:id:selfnote18:20190121134732p:plain

f:id:selfnote18:20190121134958p:plain

▼石で造られた通路

f:id:selfnote18:20190121140957p:plain

f:id:selfnote18:20190121135235p:plain

グエル公園のシンボル、カラフルなトカゲがいるエリア

f:id:selfnote18:20190121141427p:plain

▼すごい人でした

f:id:selfnote18:20190121141514p:plain

▼これがグエル公園のシンボルトカゲの噴水、工事中で水は出てません

f:id:selfnote18:20190121141621p:plain

▼童話ヘンゼルとグレーテルをモチーフにした建物、お菓子の家みたいで可愛い

左側は博物館で右側はお土産屋さんでした

お土産屋さんにはバルセロナ観光名所のポストカードがたくさんあって見ているだけで楽しかったです

f:id:selfnote18:20190121141904p:plain

▼工事中のエリアが多かったです、ちょっと残念

f:id:selfnote18:20190121142022p:plain

ガウディの作品は、古いのに新しさを感じるタイムレスなデザインが多く「自然との調和」をテーマにしているので居心地のよさもあって見てるだけで癒されるものが多い。

グエル公園、アクセスはよくないけど楽しめました。

スペイン バルセロナ観光 サグラダファミリア生誕のファザード その2

スペイン バルセロナ観光 サグラダファミリア生誕のファザード その1の続き!

 

▼エレベーターで地上50メートルへ行くとバルセロナを一望できるスペース

天気がいいので景色もキレイ

f:id:selfnote18:20190119133601p:plain

▼景色を楽しんだ後は階段をおります

急な螺旋階段を回りながらおりていき中心にいくほど狭くなる・・・

壁側にある鉄パイプの手すりに助けられました

f:id:selfnote18:20190119133950p:plain

▼階段や廊下は一方通行でのぼってはいけません、おりるだけ

とても狭く人が1人通るのがやっとです

f:id:selfnote18:20190119134537p:plain

▼壁は落書きだらけでした、世界遺産なのに

f:id:selfnote18:20190119134605p:plain

▼階段や廊下の途中には小さなバルコニーがあり、外の景色を楽しめます

サグラダファミリア前を上からみた感じ

f:id:selfnote18:20190119124244p:plain

▼まだ工事中のところ

f:id:selfnote18:20190119134933p:plain

▼階段が続きます、アンモナイトの化石みたい

f:id:selfnote18:20190119135228p:plain

f:id:selfnote18:20190119142152p:plain

▼出口!

f:id:selfnote18:20190119142638p:plain

はじめは階段が怖くて(笑)乗り気じゃなかったけど楽しめました~

景色はもちろんキレイだったけど、急な螺旋階段や狭い廊下が洞窟を探検しているみたいで面白かったです。

f:id:selfnote18:20190121133115p:plain

 12月29日サグラダファミリアエレベーターの旅メモ(2018年現在)

  • 塔は2種類「生誕のファザード」と「受難のファザード」
  • 生誕のファザードは地上50メートル、受難のファザードは地上65メートル
  • のぼるときは必ずエレベーター、おりるときは必ず階段
  • 受難のファザードは外に向かっての開口部が狭く視界が限られると聞いた
  • 生誕のファザードは歴史を感じるデザイン
  • 受難のファザードは近代的と聞いた
  • 生誕のファザードはバルコニーにワイヤーがなくていい写真が撮れます

スペイン バルセロナ観光 サグラダファミリア生誕のファザード その1

バルセロナ最終日!

 

この日の予定は

1.サグラダファミリア(予約済み)

2.グエル公園リベンジ!(予約済み)

 

の、はずだったのですが

朝一で夫「タカシオチアイのどら焼き食べる」

 

なんのこっちゃ思ったら、昨晩Youtubeで世界ナゼそこに?日本人~知られざる波瀾万丈伝~という動画をみてスペインにどら焼き広めた和菓子職人タカシオチアイさんの店がバルセロナにあるから行くと言い出したのです。

 

サグラダファミリアは入場制限のある塔へのエレベーターが予約制。

少しでも時間に遅れると入場出来ないことがあります。

グエル公園も同じ。時間に遅れてはいけない。

 

私「予約時間あるよ」

夫「大丈夫!間に合う」

 

夫の大丈夫は99%の確率で外れます。

案の定、場所が分からず迷子に・・・

 

▼2人で手分けして探しやっと見つけた~

f:id:selfnote18:20190119122645p:plain

▼同じ並びに2店舗ありましたが、1つは閉まっていました

f:id:selfnote18:20190119122913p:plain

歩き回ってクタクタ・・・

ちょっと休憩と思ったらサグラダファミリアに行く時間!

やっぱり間に合わなかった。

 

夫「夕方に再度チャレンジしようか」

二度手間や~ん。

 

 

最寄駅からカタルーニャ広場へ。

 

バルセロナ・ツーリストバスのチケットは2日分買ってあったのでバスでサグラダファミリアに向かいました。

カタルーニャ広場はツーリストバスの赤い線も青い線も両方走っています。

 

サグラダファミリア

f:id:selfnote18:20190119125125p:plain

冬はシーズンオフで人が少ないと聞いていましたが、そんなことはない気がします。

露店も人も多かった。

 

サグラダファミリアは完成までに300年以上を要すると言われているスペイン随一の絶景スポットであり2005年にはユネスコ世界遺産にも登録されています。

 

▼着工からおよそ150年以上経過しており、白いところは比較的に新しく黒ずんでいるところは古いみたいです

f:id:selfnote18:20190119131123p:plain

▼生誕のファザード入り口

f:id:selfnote18:20190119125655p:plain

f:id:selfnote18:20190119133818p:plain

▼時間より15分早めに列に並んで丁度いい時間に中へ!

f:id:selfnote18:20190119125743p:plain

f:id:selfnote18:20190119131512p:plain

f:id:selfnote18:20190119131444p:plain

f:id:selfnote18:20190119131651p:plain

まだ未完成と言われていますが、もう十分すぎるくらい大きくて荘厳な雰囲気。

建設費用は観光客の入場料や匿名の寄付金で成り立っているそうです。

 

▼次はエレベーターで上へ

f:id:selfnote18:20190119132212p:plain

 サグラダファミリアの入場券+エレベーター入場券の2つを購入しなければ塔に上ることは出来ません。

エレベーター入場券は2種類「生誕の門」と「受難の門」があります。

私たちはウェブ予約でpopularと書いてあった「生誕の門」を購入しました。

 

「生誕の門」も「受難の門」も行きは必ずエレベーター帰りは必ず階段。

階段をおりられない人は、エレベーターの予約が出来ないそうです。

 

スペイン バルセロナ観光 サグラダファミリア生誕のファザード その2へ続きます。